HOME > 食品表示の基礎

食品表示の基礎

米トレーサビリティ法

-image-

お米、米加工品に問題が発生した際に流通ルートを速やかに特定するため、生産から販売・提供までの各段階を通じ、取引等の記録を作成・保存し、お米の産地情報などを取引先や消費者に伝達します。

 

■米トレーサビリティ法の概要(農林水産省HP

対象事業者

対象品目となる米・米加工品の販売、輸入、加工、製造又は提供の事業を行うすべての方(生産者を含む)

 

対象品目

米穀 もみ、玄米、精米、砕米
主要食糧に該当するもの 米粉、米穀をひき割りしたもの、ミール、米粉調製品(もち粉調製品を含む)、米菓生地、米こうじ等
米飯類 各種弁当、各種おにぎり、ライスバーガー、赤飯、おこわ、米飯を調理したもの、包装米飯、発芽玄米、乾燥米飯類等の米飯類(いずれも、冷凍食品、レトルト食品及び缶詰類を含む。)
米加工食品 もち、だんご、米菓、清酒、単式蒸留しょうちゅう、みりん

記録の作成・保存

米・米加工品の取引などを行った場合は、その記録を作成し、原則として3年間保存しなければなりません。

《記録項目》

  • 品名(取引において通常用いている名称)
  • 産地(「 国産」、「○○国産」、「○○県産」等)
  • 数量(取引において通常用いている単位)
  • 年月日(搬出入した日。困難な場合は、受発注日等)
  • 取引先名(取引先の氏名又は名称)
  • 搬出入した場所(その場所が特定できるような名称及び所在地)

伝票の保存でもOK

納品書などに必要項目が記録されている場合は、それを保存しておくことで義務を果たしたことになります。

記載例

産地情報の伝達

流通段階や一般消費者へ販売・提供する際に、仕入れ先から伝達された産地情報を伝達しなければなりません。

1. 小売店における伝達方法

・国産米の場合は「国内産」「国産」等と記載。(ただし、都道府県名、市町村名や一般に知られた地名でも可。)

・外国産の場合はその「国名」を記載。

<一括表示欄への記載例>
名称 米  菓
原材料名 うるち米(国産、○○国産、その他)
食塩
添加物 調味料(アミノ酸)
内容量 10枚
賞味期限 枠外上部に記載
保存方法 開封前は直射日光、高温多湿を
避けて保存してください。
製造者 ○○製菓株式会社
○○県○○市○○1-1-1

いずれの場所への記載でも可

<一括表示欄の枠外への記載例>
表示例

 

・原材料名は原材料に占める割合の多い順に記載。

・産地が3か国以上ある場合には、上位2か国のみ記載し、その他の産地を「その他」と記載可能。

2. 飲食店における伝達方法

米飯類(ご飯、おにぎり、チャーハンなど)については、下記のようにお客さまに産地情報を伝えなくてはなりません。

なお、伝える方法は、お店の実情にあわせて選ぶことができます。

表示例

伝達方法の違い

業者間取引の場合 口頭ではなく文書で、納品書、注文書、容器・包装などへの記載などを通じて産地情報を伝達します。
小売店の場合 POP・立札、または商品へ直接記載することなどにより、消費者に伝達します。
飲食店の場合 店内に掲示、メニューに表示するなど、店舗の実情にあわせて表示します。

表示例