HOME > 食品表示の基礎

食品表示の基礎

アレルゲンの表示

-image-

次の原材料を含む加工食品・添加物は、アレルゲンを含む旨の表示が必要になります。

表示例:

  • 個別の原材料・添加物ごとに表示する方法・・・
    原材料「植物油脂(大豆を含む)」
    添加物「乳化剤(大豆由来)」
      推奨
  • 原材料欄の最後にまとめて書く方法・・・「(一部に小麦を含む)」

※原材料は(○○を含む)と表示し、添加物は(○○由来)とする。また、乳については原材料は(乳成分を含む)とし、添加物は(乳由来)とする。

表示が義務づけられているもの
(特定原材料)
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
表示が勧められているもの
(特定原材料に準ずるもの)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

●アレルゲン表示に関する情報(消費者庁HP

次のページ:遺伝子組換え食品の表示

前のページ:添加物の表示