HOME > 表示に関するQ&A

表示に関するQ&A

みなさまからよせられた表示に関する疑問・質問にお答えします。

みなさまからよせられた食品表示に関する疑問・質問の中で、比較的多く寄せられる疑問・質問にお答えするページです。質問内容は今後も随時更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

自分の知りたいQ&Aを探す方法は、質問内容に関連するキーワードを検索ワード入力枠に入れてボタンをクリックすると、関連したQ&Aに絞り込まれ表示されます。

すべて(加工食品)のQ&Aを表示

Q2
加工食品において、プライスラベルによる原料原産地の表示はどのように行えばよいのですか。
A
原料原産地と加工地を誤認させるような表示にならないように注意して表示してください。
例えば、輸入したアジを沼津市で日干ししたものに「沼津産」のように表示することは、沼津で獲ったアジを使用していると消費者を誤認させる可能性があるため認められません。

プライスラベルで加工食品に産地表示を行う場合も、「沼津産」などあいまいな表示をせず、「製造地:沼津」など、原料原産地と加工地がわかるように表示しましょう。
Q3
「特色のある原材料」とは何ですか。
A
産地や栽培方法などに、特色のある原材料のことです。
特定の原産地のもの、有機農産物、非遺伝子組換えのもの、特定の製造地のもの、特別な栽培方法により生産された農産物、品種名等、銘柄、ブランド名、商品名などを強調して表示したい場合には、表示方法のルールがあります。
例:国産大豆、有機にんじん、コシヒカリ、松阪牛等
Q4
「沖縄産黒糖使用」、「有機大豆使用」のように、特色のある原材料を強調して表示する場合の表示を教えてください。
A
「沖縄産黒糖使用」、「有機大豆使用」のように、特色のある原材料等を強調して表示する場合には、その使用割合を表示しなければなりません。
その使用割合が100%である場合は、表示を省略することができます。
特色のある原材料を使用していても、そのことを強調して表示しないのであれば割合表示を行う必要はありません。

基本的な考え方として、「黒糖使用」、「青のりたっぷり」等、その原材料をどのような用語で表現するかに関わらず、原材料自体を一般的名称で表示する場合は、特色のある原材料の表示には該当しません。

続きはこちら
Q5
名称や原材料の「一般的な名称」とは何ですか。
A
法令等で定義されている名称や「日本標準商品分類」等の名称、その他社会通念上一般的な名称をいいます。
食品表示基準の中に、個別に定められている場合等、使用した原材料等の名称について具体的に例示があるものはその名称を表示します。

例示がないものや食品表示基準の中でが定められていないものについては、その固有名称を、食品衛生法、JAS規格、公正競争規約等の公的基準で定義されている名称や「日本標準商品分類」、「日本食品標準成分表」中の名称等を参考にして表示してください。これらに記載されていないもの、社会通念上分かりにくいものについては、消費者に誤認を与えない範囲で事業者の判断で表示してください。

また、特定の地域で一般的であっても全国的には一般的でない呼称も多くありますので、注意が必要です。

水産加工品の原材料表示については、「魚介類の名称のガイドライン」による生鮮魚介類の名称のルールを基本に表示します。
Q6
牛肉のエキスやしいたけの粉末を原材料に使用した場合どのように表示するのですか。
A
「ビーフエキス」、「粉末しいたけ」のように表示してください。
単に「牛肉」や「しいたけ」と表示した場合、消費者に、あたかも、製品中に牛肉やしいたけそのものが入っているかのような誤認を与えることになりますので、この場合は「ビーフエキス」、「粉末しいたけ」のように表示してください。
Q7
「野菜」、「魚介類」等、同種の原材料をまとめて表示できますか。
A
同種の原材料をまとめて表示した方が消費者にわかりやすいのであれば、まとめて表示することができます。
「野菜」、「魚介類」のように、消費者が同種の原材料と認識しているものであって、複数種類の原材料を使用するような場合には、同種の原材料をまとめて表示した方が消費者にわかりやすい場合があります。このような場合には「野菜」、「魚介類」などの文字の次にカッコ書きで、まとめて表示することができます。例:野菜(トマト、たまねぎ、にんじん)
ただし、食品表示基準別表第4において別途原材料名の表示方法が規定されている食品については、それに従ってください。
Q8
複合原材料は、そのすべての原材料を表示しなくてはならないのですか。
A
原材料に占める重量の順位や割合が低い原材料について、「その他」とまとめて表示することができます。
2種類以上の原材料からなる原材料を複合原材料といいます。その名称から原材料が明らかなときは、複合原材料を構成する原材料の記載を省略することができますが、例えば、弁当中の煮物については、名称からその原材料が明らかとはいえないため、煮物であれば、「煮物(里芋、人参、ゴボウ、コンニャク、しょうゆ、砂糖、水飴、みりん、食塩)」等と表示することが基本になります。

しかし、煮物に占める原材料の重量が上位から3位以下であって、かつ、重量割合が5%未満のものについては、それらを「その他」とまとめて表示することができます。

また、製品の原材料に占める重量割合が5%未満の複合原材料の場合は、その原材料の表示を省略することができます。
Q9
同一工場で3種類のシュウマイを製造して詰め合わせる場合は、種類別に原材料の表示をしてもよいですか。
A
商品の種類別に表示しても差し支えありません。
原則は、3種類の全ての原材料について、全ての原材料の重量に対する割合の多い順に表示することとなりますが、消費者が購入時に判断しやすいことを考慮して、種類別に表示することは差し支えありません。
Q10
納豆に添付されているたれやからしの原材料の表示の仕方を教えてください。
A
品目ごとに分割し、メインとなるものから順にタイトルを付した上で、それぞれ重量順に表示してください。
複数の加工食品を組み合わせた製品について、品目ごとに分割し、まとめて表示した方がわかりやすくなる場合には、品目ごとに分割し、メインとなる品目から順にタイトルを付した上で、それぞれの重量割合の多い順に原材料を表示してください。
例:
原材料名 【納豆】大豆、納豆菌
  【添付たれ】植物性たん白分解物(大豆を含む)、砂糖、しょうゆ(小麦を含む)、食塩、醸造酢、昆布エキス
  【添付からし】 からし、食塩、醸造酢

添  加  物 【添付たれ】調味料(アミノ酸等)、アルコール、ビタミンB1
  【添付からし】酸味料、着色料(うこん)、増粘多糖類、香料
Q11
原料原産地を表示しなくてはならない加工食品は何ですか。
A
輸入品を除く全ての加工食品です。
参考ページ(原料原産地名の表示方法

輸入品については、「原産国名」の表示が必要ですが、「原料原産地名」の表示は必要ありません。
ここでいう「輸入品」とは次のものを指します。
  • 容器包装され、そのままの形態で消費者に販売される製品(製品輸入)
  • バルクの状態で輸入されたものを、国内で小分けし容器包装した製品
  • 製品輸入されたものを、国内で詰め合わせた製品
  • その他、輸入された製品について、国内で「商品の内容について実質的な変更をもたらす行為」が施されていない製品
Q12
緑茶、緑茶飲料の原料原産地はどのように表示すればいいのですか。
A
お茶の原料原産地は、荒茶を製造したところです。輸入した荒茶を使用した場合は、原料原産地として、荒茶の製造国を表示してください。
例えば、
・国内産荒茶を用いて国内で仕上げた緑茶には、原料原産地として国産である旨を表示します。
・A国産荒茶を用いて国内で仕上げたような緑茶には、原料原産地としてA国産である旨を表示します。
・A国産荒茶を60%、国内産荒茶を40%混合して国内で仕上げた緑茶には、荒茶の重量の割合の多いものから順に「A国産、国産」のように原料原産地を表示します。
Q13
塩たらこのように輸入した原料(スケトウダラの卵)を混合して製造するもので、調達先が頻繁に変わり、原産地の重量割合が商品ごとに特定できない場合、原料原産地の表示をどのようにしたらよいですか。
A
前年の取扱い実績で多い順など、合理的な根拠に基づいた重量順で表示します。
食品表示基準別表第15の1に掲げる食品は、同じ種類の原材料で複数の産地のものを混合した場合、「○○(A国、B国)」のように、主な原材料の原産地を原材料に占める重量の割合が高いものから順に表示することが原則です。

しかしながら、Qの場合については、商品ごとに正確に重量順に表示することは困難であることから、例えば前年の取扱い実績の多い順など、合理的な根拠に基づいた重量順に「スケトウダラの卵(米国又はロシア)」のように表示することもやむを得ないと考えます。

この場合、消費者に誤認を与えないように、一括表示様式外に「原料原産地は、当社における○年の取扱い実績の多い順に表示しています。詳細は弊社にお尋ねください。」のように、表示の根拠について記載する事が必要です。

なお、通常、国産原料が米国産又はロシア産の原料と混合使用されることはないことから、国産原料と外国産原料の両方を原料として表示することは想定していません。
Q14
アレルゲンの表示方法を教えてください。
A
アレルゲンは、原材料名欄に個々の原材料のすぐ後に個別に「(大豆を含む)」と表示し、複数の原材料にアレルゲンが含まれている場合には、一括して「(一部に大豆を含む)」と表示します。また、添加物の場合は、個別に「乳化剤(大豆由来)」と表示するか、個別表示にそぐわない場合には、一括して「(一部に小麦を含む)」のように表示します。
アレルギーを起こしやすい原材料には次のものがあります。

分類・規定 品目 備考
〔特定原材料〕
表示が義務づけられたもの
卵、乳、小麦、えび、かに 症例数が多い。
そば、落花生 症状が重篤である。
〔特定原材料に準ずるもの〕
表示を推奨されている品目
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、
キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、
さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、
まつたけ、もも、やまいも、りんご
症例数が少ない。
ゼラチン  


続きはこちら
Q15
添加物の表示方法を教えてください。
A
「製造時に添加物を使用した場合」、または「原材料に添加物が使用されている場合」は、使用されたすべての添加物を表示しなければなりません。ただし、栄養強化の目的で使用されるもの、加工助剤、キャリーオーバーを除きます。
以下のいずれかの方法で表示します。
1.物質名・簡略名(以下は一例)
物質名 簡略名
サッカリンナトリウム サッカリンNa
食用赤色102 号 赤色102 号、赤102
L-アスコルビン酸ナトリウム ビタミンC、V.C
二酸化硫黄 二酸化イオウ、亜硫酸塩
β-カロテン カロチン、カロチノイド色素
硫酸アルミニウムカリウム ミョウバン
水酸化カルシウム 水酸化Ca
炭酸水素ナトリウム 炭酸水素Na、重曹

2.用途名併記(食品表示基準別表第6の上欄に掲げるものとして使用されるもの)
用途名併記とは
(例)甘味料(サッカリンNa)
 ↓     ↓
用途名   物質名
用途名 表示例
甘味料 甘味料(キシリトール)
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
着色料 着色料(赤2)、着色料(黄4、青1)
保存料 保存料(安息香酸Na)、保存料(ソルビン酸K)
増粘剤、安定剤、ゲル化剤又は糊料 安定剤(CMC)、ゲル化剤(ペクチン)
酸化防止剤 酸化防止剤(BHT)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)
発色剤 発色剤(亜硝酸Na)、発色剤(硝酸K)
漂白剤 漂白剤(亜硫酸Na)、漂白剤(亜硫酸塩)
防かび剤又は防ばい剤 防かび剤(OPP)又は防ばい剤(OPP)

3.一括名での表記(以下については、一括名での表示ができる)
イーストフード、かんすい、香料、豆腐用凝固剤・凝固剤、pH 調整剤、苦味料、光沢剤、
酸味料、調味料、乳化剤、ベーキングパウダーなど

Q16
キャリーオーバーの判断は、量的基準などがあるのですか。
A
キャリーオーバーと判断される量的基準は設定されていません。
食品添加物のキャリーオーバーとは、「食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されないものであって、当該食品中には、当該物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの」をいいます。

食品添加物の種類は多く、食品に添加する量についても、その種類や状態によって異なってきますので、キャリーオーバーと判断される量的基準を一律に設定することはできません。個々の食品に対して判断していく必要があります。
Q17
表示する添加物がないときは、「無添加」、「不使用」と表示できますか。
A
表示する添加物が無いことが、使用してないことを意味するとはいえませんので、「無添加」の表示は好ましくありません。
加工助剤やキャリーオーバーに該当する添加物については表示が免除されることになっていますが、一部の工程で使用されていたことは事実であり、たまたま表示する添加物が無いことをもって、添加物を使用していないことを意味することにはなりませんので、「無添加」等と表示することは好ましくありません。

また、一部の添加物を使用してない旨を強調して表示することも、添加物使用の意義や有用性、安全性に対する誤解を招くとともに、添加物を用いた加工食品全般に対する信頼性を低下させるおそれがありますので、好ましくありません。

なお、添加物は、「合成品」、「天然品」の区別をしていませんので、この趣旨に沿った表示をしてください。 添加物の表示は化学的合成品とそれ以外のものを区別せずに記載することが基本であるとともに、「天然」又はこれに類する表現の使用は認められませんので、この点にも十分留意して表示する必要があります。

一般的に添加物が使用される製品について添加物を使用していない場合に、使用していない旨の表示をすることは差し支えありません。
続きはこちら
Q18
遺伝子組換え表示対象食品は何ですか。
A
義務表示の対象となる食品は、農産物8作物、加工食品33食品群となっています。
8種類の農産物とその農産物を原材料にした33品目の加工食品は、遺伝子組換えの表示の対象です。

続きはこちら
Q19
遺伝子組換え表示が不要な加工食品は何ですか。
A
しょうゆ、植物油などが考えられます。
組み換えられたDNA及びこれによって生じたたんぱく質が加工工程で除去・分解され、広く認められた最新の検出技術によってもその検出が不可能とされている加工食品については、非遺伝子組換え農産物から製造したものと科学的に品質上の差異がないため、遺伝子組換え表示は不要です。
具体的に、しょうゆ、大豆油、コーンフレーク、水飴・水飴使用食品(ジャム類など)、液糖・液糖使用食品(シロップなど)、デキストリン・デキストリン使用食品(スープ類など)、コーン油、菜種油、綿実油、砂糖(てん菜を主な原材料とするもの)などがあります。
Q20
納豆に添付されているたれやからしの内容量は省略できますか。
A
省略して差し支えありません。
小袋の調味料等はその商品の中では一般に付随的なものと考えられることから、省略して差し支えありません。
また、「納豆35g、たれ4ml、からし0.7g」等と主となる食品に併せて表示しても差し支えありません。
Q21
内容量が400gを満たしている場合、「400g以上」という表示はできますか。
A
できません。
「○○以上」の表示は認められていませんので、「400g」と表示してください。
内容量が超過する場合について、過量側の量目公差が定められていませんので、内容量が表示以上の量であっても極端な超過の場合を除いて問題にはなりません。

しかし、「○○以上」の表示は、計量法、食品表示法ともに認められていませんので、この場合は「400g」と表示してください。また、「約400g」という表示はできません。

前ページへ 1 2 3 4 次のページへ