HOME > 表示に関するQ&A

表示に関するQ&A

みなさまからよせられた表示に関する疑問・質問にお答えします。

みなさまからよせられた食品表示に関する疑問・質問の中で、比較的多く寄せられる疑問・質問にお答えするページです。質問内容は今後も随時更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

自分の知りたいQ&Aを探す方法は、質問内容に関連するキーワードを検索ワード入力枠に入れてボタンをクリックすると、関連したQ&Aに絞り込まれ表示されます。

すべてのQ&Aを表示

Q41
輸入品のアジを国内で干物に加工して別の場所の小売店の店内で包装する場合、表示はどのようになりますか。
A
輸入品のあじを国内で干物に加工して小売り店内で包装して販売する場合は、一般の加工食品の表示事項に加え、原料原産地表示と製造者の表示が必要です。
加工地なのか原料原産地なのかわかるように明確に表示してください。
参考ページ(加工食品の表示について
Q42
養殖に該当しない水産物には「天然」の表示は可能ですか。
A
えさを与えて育てたものを養殖というので、貝や海藻は養殖に該当しません。しかし、養殖の定義に該当しないものについて、すべてが「天然」と表示できるわけではありません。あくまでも事実として天然であれば表示することは可能です。

Q43
有機JASマークがついていない農産物や加工食品に「有機原材料使用」と表示できますか。
A
生鮮農産物であれば「有機質肥料を使用している旨」、加工食品であれば「有機トマト○○%使用」等の表示ができます。
有機JASマークが付いていない農産物に有機農産物と誤認されるような紛らわしい表示を付すことはできません。なお、「有機質肥料を使用して栽培した 旨」のように、栽培方法の過程を強調表示する場合については、紛らわしい表示に該当しませんので表示することは可能です。

また、有機JASマークの付いていない加工食品に有機農産物加工食品と誤認されるような紛らわしい表示をすることはできません。なお、有機農産物(有機JASマークがついているものに限る。)を原材料として使用した旨の表示は、特色のある原材料等の表示規定に従って表示することができます。(この際、当該原料となる有機農産物の使用割合が100%でない場合は、当該有機農産物の使用割合等の表示が必要です。)
Q44
業務用生鮮食品において、原産地の表示はどのような場合に義務となりますか。
A
最終製品で原料原産地名の表示が必要となるものの業務用生鮮食品について、原産地を表示しなければなりません。
また、業者間の情報伝達は、口頭ではなく納品書などの書類で伝達するようにしてください。
Q45
まつたけを2%使用したものに「松茸ご飯」と表示してよいですか。
A
「松茸ご飯」の表示近くに、「まつたけ2%使用」と表示すれば可能です。

Q46
緑茶やインスタントコーヒー、清涼飲料水の原産国はどのようになりますか。また、それらを詰め合わせた場合はどうなりますか。
A
「荒茶の製造」、「コーヒー豆の粉砕、抽出濃縮後の乾燥」、「希釈」が行われた国がそれぞれ原産国になります。
詰め合わせ商品は、その容器に詰め合わせされた個々の商品の原産国になります。
Q47
食品表示基準別表第15の「4 異種混合したカット野菜、異種混合したカット果実その他野菜、果実及びきのこ類を異種混合したもの(切断せずに詰合せたものを除く。)」の範囲を教えてください。
A
カット野菜及びカット果実は、単品の場合、「生鮮野菜、果実を単に切断したもの」として、食品表示基準第3章「生鮮食品」の規定に従い原産地表示が義務付けられています。しかし、異種混合したカット野菜、カット果実その他野菜、果実及びきのこ類を異種混合したものについては、加工食品扱いとなっているため、これらについても原材料及び添加物に占める重量の割合が最も高い生鮮食品で、かつ、当該割合が50%以上であるものの原産地表示を義務付けることとしました。
対象となるのは、異なる種類の野菜や果実をミックスしたものなどで、例えばキャベツ千切りとカットレタスをミックスしたものや、カットパインアップルとカットメロンを盛り合わせたものなどが該当します。

また、以下のようにカット野菜に加工食品を加えたものは対象に含まれません。
①カット野菜に、加工食品であるクルトン、ゆでたブロッコリー、ポテトサラダ、ツナなどを加えたもの
②ドレッシングなどをかけたもの(小袋で添付されている場合は除く)
③カット果実に、加工食品である缶詰のシロップ漬けフルーツ(さくらんぼの砂糖漬けなど)などを加えたもの

なお、野菜、果実を切断せずに詰合せたものについては、食品表示基準第3章「生鮮食品」の規定に従い、それぞれの野菜・果実について原産地表示が義務付けられています。
Q48
茶の詰め合わせ商品への一括表示の表示方法はどのようになりますか。
A
以下の例のとおりとなります。
例えば、煎茶(自社製品)と茶飴(他社製品)の詰め合わせ商品を販売する場合
(例1)  一括表示を2つ並べて作成するようなイメージで1つの表にするとわかりやすいと思われます。なお、茶飴の個包装まで他社が行った場合は、個包装を行う業者が、食品衛生法でいう「製造者」となります。
(例2) 一括表示の中で書き分ける方法もありますが、混乱しないようにしてください。

Q49
茶の一括表示の名称は「緑茶」でよいですか。
A
緑茶の表示基準に従い、「煎茶」「かぶせ茶」「玉露」等と記載して下さい。
参考サイト(日本茶業中央会
Q50
玄米茶の玄米に原料原産地表示は必要ですか。
A
必要ありません。なお、茶には必要です。

Q51
緑茶に「添加物は使用していません」と表示できますか。
A
茶は通常、添加物を使用しないで製造するにも関わらず、「無添加」の表示をすることは、優良誤認のおそれ(景品表示法)があります。
緑茶の表示基準実施細則第3条(不当表示の禁止)第4号にあるように、茶は通常、添加物を使用しないで製造するにも関わらず、「無添加」の表示をすることは、そのお茶だけが特別によいものであると誤認させるおそれがあります。
よって、「添加物は使用しておりません」という表示はできません。
参考サイト(日本茶業中央会
Q52
茶の原料原産地名に「牧之原台地」と表示できますか。
A
「その他一般に知られている地名」を記載することとされています。
茶業界では「牧之原台地」は一般的であるかもしれませんが、全国の消費者にとって一般的かどうか疑問であり、「適切」とはいえません。県名や市名で表示するほうが適切です。

なお、「牧之原台地で生産された茶を使用している」旨を一括表示の欄外に記載することは可能です。(ただし、事実であることが必要です。)
Q53
顆粒状茶(茶葉抽出液をフリーズドライしたもの)に原料原産地名の表示義務はありますか。
A
原料原産地名の表示義務は、フリーズドライして作ったインスタントティー等、緑茶であると認識されるものまで適用されます。
よって原材料の茶には、原料原産地を表示しなくてはなりません。
Q54
A社から仕上げ茶を仕入れてB社で小分け包装して販売する場合、製造者又は加工者はどちらになりますか。
A
小分けする際、大袋を開封したことにより、空気に触れさせる等の過程があるため、食品衛生法上「加工した」と考えます。
よって、この場合、B社が加工者(旧表示では製造者)となります。
Q55
製造者等の所在地は市から記載すればよいですか。
A
政令指定都市及び県庁が所在する市以外は、県名から記載する必要があります。

Q56
製造者等は屋号を記載すれば足りますか。
A
製造者等は、登記された法人名又は代表者名を記載する必要があります。
法人でない場合は、代表者名を記載します。屋号を記載する場合も、屋号と併せて代表者名を必ず記載してください。
Q57
農林水産大臣賞受賞の表示ができますか。
A
何年のどの品評会で農林水産大臣賞を受賞したか明記してください。
しかし、その商品が受賞したのではないにも関わらず、その商品が受賞したかのように誤認させる表示は、優良誤認となるおそれがあります。
Q58
「高級茶葉使用」等と表示できますか。
A
一般的な茶葉と比べて「高級茶葉」である根拠がない場合は、このような表示はできません。
内容が表示に比べ著しく劣る場合は、景品表示法で「優良誤認」「不当表示」とみなされるおそれがあります。
Q60
海洋深層水を原材料に記載してよいですか。
A
「海洋深層水」は一般名称であるので、一括表示内に記載可能です。

Q61
『デキストリン』は食品添加物ですか。
A
一般的には食品であるが、デキストリンの中でも種類があり、その種類によっては、食品添加物に該当します。
また、用途によっても該当することがあることから、詳細については保健所に確認して下さい。
前ページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ