HOME > 表示に関するQ&A

表示に関するQ&A

みなさまからよせられた表示に関する疑問・質問にお答えします。

みなさまからよせられた食品表示に関する疑問・質問の中で、比較的多く寄せられる疑問・質問にお答えするページです。質問内容は今後も随時更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

自分の知りたいQ&Aを探す方法は、質問内容に関連するキーワードを検索ワード入力枠に入れてボタンをクリックすると、関連したQ&Aに絞り込まれ表示されます。

原産地・原料原産地のQ&Aを表示

Q1
下記のようなものを店内加工し、自らその場で販売する場合は、原材料名等の表示は不要となりますか。 (水産)鍋物セット、バーベキューセット (畜産)鍋物セット各種、炒め物セット各種、焼肉セット、ハンバーグ、ピーマン肉詰め (農産)カットフルーツミックス、鍋物セット
A
 容器包装された上記の製品を製造者(又は加工包装者)が自らその場で販売する場合、原材料名、内容量などの表示事項を表示する必要はありません。
 詳しくは食品表示基準第5条第1項の「食品を製造し、又は加工した場所で販売する場合」の項を御確認ください。

なお、カットフルーツミックス、焼肉セットなどについては、食品表示基準別表第15の原料原産地表示が必要な品目に該当しますが、店内加工の場合は原料原産地の表示義務はありません。
しかしながら、消費者から生鮮食品同様に認識されており、原産地表示への期待が大きいことを踏まえ、自主的に原料原産地表示を行うことが望まれます。

なお、食品表示基準上は内容量の表示義務がない場合であっても、計量法上表示しなければならない場合があることには御留意ください。
Q2
加工食品において、プライスラベルによる原料原産地の表示はどのように行えばよいのですか。
A
原料原産地と加工地を誤認させるような表示にならないように注意して表示してください。
例えば、輸入したアジを沼津市で日干ししたものに「沼津産」のように表示することは、沼津で獲ったアジを使用していると消費者を誤認させる可能性があるため認められません。

プライスラベルで加工食品に産地表示を行う場合も、「沼津産」などあいまいな表示をせず、「沼津加工」など、原料原産地と加工地がわかるように表示しましょう。
Q5
名称や原材料の「一般的な名称」とは何ですか。
A
法令等で定義されている名称や「日本標準商品分類」等の名称、その他社会通念上一般的な名称をいいます。
食品表示基準の中に、個別に定められている場合等、使用した原材料等の名称について具体的に例示があるものはその名称を表示します。

例示がないものや食品表示基準の中でが定められていないものについては、その固有名称を、食品衛生法、JAS規格、公正競争規約等の公的基準で定義されている名称や「日本標準商品分類」、「日本食品標準成分表」中の名称等を参考にして表示してください。これらに記載されていないもの、社会通念上分かりにくいものについては、消費者に誤認を与えない範囲で事業者の判断で表示してください。

また、特定の地域で一般的であっても全国的には一般的でない呼称も多くありますので、注意が必要です。

水産加工品の原材料表示については、「魚介類の名称のガイドラインについて」(平成19年7月水産庁作成)による生鮮魚介類の名称のルールを基本に表示します。
Q11
原料原産地を表示しなくてはならない加工食品は何ですか。
A
下表にあるものは対象品の一例です。 この表にない商品でも品目群に該当するものであれば原料原産地表示の対象となります。

  1. 乾燥きのこ類、乾燥野菜及び乾燥果実(フレーク状又は粉末状にしたものを除く。)
  2. 塩蔵したきのこ類、塩蔵野菜及び塩蔵果実(農産物漬物品質表示基準に規定する農産物漬物を除く。)
  3. ゆで、又は蒸したきのこ類、野菜及び豆類並びにあん(缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
  4. 異種混合したカット野菜、異種混合したカット果実その他野菜、果実及びきのこ類を異種混合したもの(切断せずに詰め合わせたものを除く。)
  5. 緑茶及び緑茶飲料
  6. もち
  7. いりさや落花生、いり落花生、あげ落花生及びいり豆類
  8. 黒糖及び黒糖加工品
  9. こんにゃく
  10. 調味した食肉(加熱調理したものを除く。)
  11. ゆで、又は蒸した食肉及び食用鳥卵(缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
  12. 表面をあぶった食肉
  13. フライ種として衣をつけた食肉(加熱調理したもの及び調理冷凍食品に該当するものを除く。)
  14. 合挽肉その他異種混合した食肉(肉塊又は挽肉を容器に詰め、成形したものを含む。)
  15. 素干魚介類、塩干魚介類、煮干魚介類及びこんぶ、干のり、焼きのりその他干した海藻類(細切若しくは細刻したもの又は粉末状にしたものを除く。)
  16. 塩蔵魚介類及び塩蔵海藻類
  17. 調味した魚介類及び海藻類(加熱調理したもの及び調理冷凍食品に該当するもの並びに缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
  18. こんぶ巻
  19. ゆで、又は蒸した魚介類及び海藻類(缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
  20. 表面をあぶった魚介類
  21. フライ種として衣をつけた魚介類(加熱調理したもの及び調理冷凍食品に該当するものを除く。)
  22. 4又は14に掲げるもののほか、生鮮食品を異種混合したもの(切断せずに詰め合わせたものを除く。)
続きはこちら
Q12
緑茶、緑茶飲料の原料原産地はどのように表示すればいいのですか。
A
お茶の原料原産地は、荒茶を製造したところです。輸入した荒茶を使用した場合は、原料原産地として、荒茶の製造国を表示してください。
例えば、
・国内産荒茶を用いて国内で仕上げた緑茶には、原料原産地として国産である旨を表示します。
・A国産荒茶を用いて国内で仕上げたような緑茶には、原料原産地としてA国産である旨を表示します。
・A国産荒茶を60%、国内産荒茶を40%混合して国内で仕上げた緑茶には、荒茶の重量の割合の多いものから順に「A国産、国産」のように原料原産地を表示します。
Q13
たらこなど複数の産地のものを混合した場合で、商品ごとに正確に重量順表示ができない場合は原料原産地の表示をどのようにしたらよいですか。
A
前年の取扱い実績で多い順など、合理的な根拠に基づいた重量順で表示します。
同じ種類の原材料で複数の産地のものを混合した場合は「たらこ(A国、B国)」のように、主な原材料の原産地を原材料に占める重量の割合が多いものから順に表示することが原則です。

しかしながら、Qのような場合については、商品ごとに正確に重量順に表示することは困難であることから、例えば前年の取扱い実績の多い順など、合理的な根拠に基づいた重量順に「たらこ(米国又はロシア)」のように表示することもやむを得ないと考えます。

この場合、消費者に誤認を与えないように、一括表示様式外に「原料原産地は、当社における○年の取扱い実績の多い順に表示しています。詳細は弊社にお尋ねください。」のように、表示の根拠について記載する事が必要です。

なお、たらこ製品であっても国産原料を使用した場合には、上記のように「たらこ(国産又は米国)」とした表示はできません。これは、国産原料が輸入原料に比較して高値で取引されることから、「国産」表示がある商品であって商品には実際に国産原料が使用されていない場合には消費者に対し優良誤認を与える可能性が高いと判断されるためです。
Q14
アレルゲンの表示方法を教えてください。
A
アレルゲンは、原材料名欄に個々の原材料のすぐ後に個別に「(大豆を含む)」と表記し、複数の原材料にアレルゲンが含まれている場合には、一括して「(一部に大豆を含む)」と表記します。また、 添加物の場合は、個別に「乳化剤(大豆由来)」と表記するか、個別表記にそぐわない場合には、一括して「(一部に小麦を含む)」のように記載します。
アレルギーを起こしやすい原材料には次のものがあります。

分類・規定 品目 備考
〔特定原材料〕
表示が義務づけられたもの
卵、乳、小麦、えび、かに 症例数が多い。
そば、落花生 症状が重篤である。
〔特定原材料に準ずるもの〕
表示を推奨されている品目
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、
キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、
さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、
まつたけ、もも、やまいも、りんご
症例数が少ない。
ゼラチン  


続きはこちら
Q27
業務用加工食品において、原料原産地名の表示はどのような場合に義務となりますか。
A
最終製品で原料原産地名の表示が必要な原材料を含むものについて、原料原産地名を表示します。
最終製品で原料原産地名の表示が義務付けられているものは、輸入品以外のものであって、食品表示基準で個別に義務付けられている22食品群と4品目(農産物漬物、野菜冷凍食品、うなぎ加工品、かつお削りぶし)があります。

これらの原材料となる業務用加工食品であって、最終製品で原料原産地名の表示が必要な原材料を含むものについて、原料原産地名を表示しなければなりません。このような業務用加工食品としては、次のようなものが例としてあげられます。
  • 「カットトマトとカットきゅうりのサラダ」に「カットレタスとカット大根のサラダ」を組み合わせた最終製品のサラダにおいて、トマトが50%以上を占める場合の「カットトマトとカットきゅうりのサラダ」
  • 塩・こしょうしたカルビにタレをかけた味付けカルビの場合の塩・こしょうしたカルビ
  • かつおのたたきを切り分けて商品とする場合のかつおのたたき

上記に該当する業務用加工食品はもちろんですが、最終製品に原料原産地名の表示が必要かどうかわからない場合など、最終製品において原料原産地名の表示が必要な原材料になる可能性を否定できない業務用加工食品についても、原料原産地名を表示しなければなりません。

最終製品に原料原産地名の表示が義務付けられていない商品の原材料として使用されることが確実な業務用加工食品については、原料原産地名の表示義務はありません。

Q29
「うす塩味」、「甘さひかえめ」、「あま塩」、「うす塩」、「あさ塩」などの表示は、栄養成分表示の対象ですか。
A
「うす塩味」、「甘さひかえめ」の表示は対象になりませんが、「あま塩」、「うす塩」、「あさ塩」の表示は対象になります。
「うす塩味」、「甘さひかえめ」というような表示は、それぞれ塩味が抑えられている、甘さが抑えられているという味覚に関する表示をしたものであって、栄養表示を目的としたものではありませんので、栄養成分表示の対象にはなりません。

しかし、「あま塩」、「うす塩」、「あさ塩」というような表示は、塩分(ナトリウム)が少ないという表示ですので、栄養成分表示の対象となり、これらについては、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの一般表示事項の表示が必要となるとともに、ナトリウムの含有量が低い旨に関する強調表示を満たす必要があります。
Q30
「ノンシュガー」、「シュガーレス」という表示にはどのような基準が適用されますか。
A
糖類を含まない旨の強調表示に関する基準を適用させた上で、一般表示事項の表示と糖類の含有量を表示します。
「ノンシュガー」や「シュガーレス」という表示は、いずれも糖類を含まない旨の強調表示に該当するので、当該食品100g又は100ml当たり糖類の含有量が0.5g未満でなければ、このような表示はできません。
さらに、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの一般表示事項の表示をし、表示栄養成分として、糖類の含有量を表示する必要があります。
Q31
「砂糖不使用」、「砂糖無添加」といった表示を行うことは可能ですか。また、そのような表示を行う場合、「ショ糖」の量を表示する必要はありますか。
A
食品表示基準第7条の表の糖類を添加していない旨に関する基準を満たしていれば表示可能です。
「ショ糖」の量を表示する必要はありませんが、「糖類」の表示を行う必要があります。
なお、「ショ糖」を任意で表示することは可能です。その際は、食品表示基準に定められていない成分ですので、一括表示の枠外に記載してください。

Q32
「生産した場所で販売する場合」とは、具体的にどのような場合ですか。小売店の店内で、魚をおろして刺身にしたような場合も含まれますか。
A
ここでいう「生産した」とは、農産物であれば農業生産、畜産物であれば飼養、水産物であれば漁ろうそのものをいい、単なる切断、冷凍等は含まれません。従って、インストアで野菜を切断し、魚を切り身又は刺身にしても、表示義務の対象外とはなりません。
「生産した場所で販売する場合」とは、具体的には、生産者が生産した生鮮食品を自らその場(水産物であれば水揚げした場所)で消費者に販売する場合をいいます。
Q33
複数の原産地のものを混ぜた場合は、どのように表示するのですか。
A
同じ種類の生鮮食品であって複数の原産地のものを混合した場合にあっては、当該生鮮食品の製品に占める重量の割合の高いものから順に表示します。

Q34
以下の、商品は生鮮食品ですか、加工食品ですか。 単品の野菜を単に切断したもの(カット野菜)、複数の野菜を切断した上で混ぜ合わせたもの(サラダミックス、炒め物ミックス)、オゾン水、次亜塩素酸ソーダ水による殺菌洗浄したもの、ブランチングした上で冷凍した野菜、ベビーリーフ(複数種類の幼葉を混ぜ合わせたもの)
A
農産物の生鮮食品と加工食品の分類は以下のとおりです。
単品の野菜を単に切断したもの(カット野菜)は、生鮮食品です。
食品表示基準別表第2(生鮮食品一覧)の1(5)において、野菜は「収穫後調製、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断したもの及び単に凍結させたものを含む。」と規定されてます。

複数の野菜を切断した上で混ぜ合わせたもの(サラダミックス、炒め物ミックス)は、加工食品です。
複数の野菜を混ぜ合わせたものは、それ自身が一つの製品(調理された食品)であることから加工食品となります。

オゾン水、次亜塩素酸ソーダ水による殺菌洗浄したものは、生鮮食品です。
オゾン水、次亜塩素酸ソーダ水による殺菌洗浄は、一定の作為を加えることが、加工(新しい属性の付加)には至らないことのため、生鮮食品となります。

ブランチングした上で冷凍した野菜は、加工食品です。
ブランチング処理したものは、加工食品となります。

ベビーリーフ(複数種類の幼葉を混ぜ合わせたもの)は、生鮮食品です。
ベビーリーフについては、複数種類の幼葉を混ぜ合わせたものであるものの、幼葉を摘み取った状態のまま袋詰めしており、個々の幼葉の原形が分かり、判別することができるため、生鮮食品に該当します。ただし、ベビーリーフを原形が分からないくらいに更にカットした場合は、複数の野菜を切断した上で混ぜ合わせたものと同様と考えられ、加工食品に該当します。加工食品又は生鮮食品に該当するかは商品の状態により判断が必要です。

Q36
「和牛」と表示してあれば原産地を表示したことになりますか。
A
「和牛」の表示は品種に関して認められたもので、原産地を示す表示としては認められません。

和牛とは「黒毛和種」、「褐毛和牛」、「日本短角種」、「無角和種」の4種とこれらの品種間の交配による交雑種等のことをいいます。「国産」を意味するものではありませんので、別に原産地表示はしてください。
Q37
「ホンマグロ」という表示は、日本近海で獲れたクロマグロでないと表示できませんか。
A
クロマグロは日本近海以外でも漁獲され、また、「クロマグロ」(標準和名)に代わる一般的名称として「本マグロ」、「ほんまぐろ」が認められています。
原則は「クロマグロ」で表示しますが、「ホンマグロ」の表示でも問題ありません。(Q74参照)
参考サイト(水産庁:魚介類の名称ガイドライン
しかし、「メバチ」、「キハダ」、「ビンナガ」など、クロマグロとは異なる種を「本マグロ」等と表示することはできません。
Q38
北太平洋で獲ったものを焼津港で水揚げした場合、「静岡県」と表示できますか。
A
北太平洋で漁獲されたことが確認されていれば「北太平洋」と表示し、「静岡県」と表示することはできません。
水域をまたがって漁をするなど、水域名の記載が困難な場合は、水揚げ港や港が属する都道府県名を表示できますが、漁獲した場所が確認されていれば、水域名を記載しなければなりません。
参考サイト(水産庁:水域名のガイドライン
Q39
輸入したあさりを国内の管理できる海浜で放流(蓄養)した場合、原産地表示はどうなりますか。
A
国内の管理できる海浜に仮置きした場合は、輸入前に採捕された国を原産国として表示します。
A国から輸入したアサリを、輸入後、国内の管理できる状態の海浜に再び掘り揚げる目的で仮置きした場合は、単なる保管又は出荷調整と考えられ、当該アサリの原産国は「A国」と考えます。また、国内での畜養期間が長いことを証明できない時についても、アサリの原産地は「A国」と表示する必要があります。

放流した輸入アサリと国産のアサリが海浜中で混在し掘り揚げた場合は、両方の産地を重量順に記載することとなりますが、仕分けが困難な場合は、漁獲区域の輸入アサリの放流量と国産アサリの漁獲量のデータを照らし合わせ重量比率を算出する方法などが考えられます。
Q40
ブランチング(短時間の加熱)した魚介類は生鮮食品ですか。
A
生鮮食品でなく、加工食品の扱いになります。

Q41
輸入品のアジを国内で干物に加工して別の場所の小売店の店内で包装する場合、表示はどのようになりますか。
A
輸入品のあじを国内で干物に加工して小売り店内で包装して販売する場合は、一般の加工食品の表示事項に加え、原料原産地表示と製造者の表示が必要です。
加工地なのか原料原産地なのかわかるように明確に表示してください。
参考ページ(加工食品の表示について
前ページへ 1 2 3 次のページへ