HOME > 表示に関するQ&A

表示に関するQ&A

みなさまからよせられた表示に関する疑問・質問にお答えします。

みなさまからよせられた食品表示に関する疑問・質問の中で、比較的多く寄せられる疑問・質問にお答えするページです。質問内容は今後も随時更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

自分の知りたいQ&Aを探す方法は、質問内容に関連するキーワードを検索ワード入力枠に入れてボタンをクリックすると、関連したQ&Aに絞り込まれ表示されます。

原材料名のQ&Aを表示

Q3
「特色のある原材料」とは何ですか。
A
産地や栽培方法などに、特色のある原材料のことです。
特定の原産地のもの、有機農産物、非遺伝子組換えのもの、特定の製造地のもの、特別な栽培方法により生産された農産物、品種名等、銘柄、ブランド名、商品名などを強調して表示したい場合には、表示方法のルールがあります。
例:国産大豆、有機にんじん、コシヒカリ、松阪牛等
Q4
「沖縄産黒糖使用」、「有機大豆使用」のように、特色のある原材料を強調して表示する場合の表示を教えてください。
A
「沖縄産黒糖使用」、「有機大豆使用」のように、特色のある原材料等を強調して表示する場合には、その使用割合を表示しなければなりません。
特色のある原材料を使用していても、そのことを強調して表示しないのであれば割合表示を行う必要はありません。

基本的な考え方として、「使用」、「たっぷり」等、その原材料をどのような用語で表現するかに関わらず、原材料自体を一般的名称で表示する場合は、特色のある原材料の表示には該当しません。

続きはこちら
Q5
名称や原材料の「一般的な名称」とは何ですか。
A
法令等で定義されている名称や「日本標準商品分類」等の名称、その他社会通念上一般的な名称をいいます。
食品表示基準の中に、個別に定められている場合等、使用した原材料等の名称について具体的に例示があるものはその名称を表示します。

例示がないものや食品表示基準の中でが定められていないものについては、その固有名称を、食品衛生法、JAS規格、公正競争規約等の公的基準で定義されている名称や「日本標準商品分類」、「日本食品標準成分表」中の名称等を参考にして表示してください。これらに記載されていないもの、社会通念上分かりにくいものについては、消費者に誤認を与えない範囲で事業者の判断で表示してください。

また、特定の地域で一般的であっても全国的には一般的でない呼称も多くありますので、注意が必要です。

水産加工品の原材料表示については、「魚介類の名称のガイドラインについて」(平成19年7月水産庁作成)による生鮮魚介類の名称のルールを基本に表示します。
Q6
牛肉のエキスやしいたけの粉末を原材料に使用した場合どのように表示するのですか。
A
「ビーフエキス」、「粉末しいたけ」のように表示してください。
単に「牛肉」や「しいたけ」と表示した場合、消費者に、あたかも、製品中に牛肉やしいたけそのものが入っているかのような誤認を与えることになりますので、この場合は「ビーフエキス」、「粉末しいたけ」のように表示してください。
Q7
「野菜」、「魚介類」等、同種の原材料をまとめて表示できますか。
A
同種の原材料をまとめて表示した方が消費者にわかりやすいのであれば、まとめて表示することができます。
「野菜」、「魚介類」のように、消費者が同種の原材料と認識しているものであって、複数種類の原材料を使用するような場合には、同種の原材料をまとめて表示した方が消費者にわかりやすい場合があります。このような場合には「野菜」、「魚介類」などの文字の次にカッコ書きで、まとめて表示することができます。例:野菜(トマト、たまねぎ、にんじん)
ただし、食品表示基準別表第4において別途原材料名の表示方法が規定されている食品については、それに従ってください。
Q8
複合原材料は、そのすべての原材料を表示しなくてはならないのですか。
A
原材料に占める重量の順位や割合が低い原材料について、「その他」とまとめて表示することができます。
2種類以上の原材料からなる原材料を複合原材料といいます。その名称から原材料が明らかなときは、複合原材料を構成する原材料の記載を省略することができますが、例えば、弁当中の煮物については、名称からその原材料が明らかとはいえないため、煮物であれば、「煮物(里芋、人参、ゴボウ、コンニャク、しょうゆ、砂糖、水飴、みりん、食塩)」等と表示することが基本になります。

しかし、煮物に占める原材料の重量が上位から3位以下であって、かつ、重量割合が5%未満のものについては、それらを「その他」とまとめて表示することができます。
Q9
同一工場で3種類の異なる商品を製造して詰め合わせる場合は、その商品ごとに原材料の表示をしてもよいですか。
A
商品の種類別に表示しても差し支えありません。
原則は、3種類の全ての原材料について、全ての原材料の重量に対する割合の多い順に表示することとなりますが、消費者が購入時に判断しやすいことを考慮して、種類別に表示することは差し支えありません。
Q10
納豆に添付されているたれやからしの原材料の表示の仕方を教えてください。
A
品目ごとに分割し、メインとなるものから順にタイトルを付した上で、それぞれ重量順に表示してください。
複数の加工食品を組み合わせた製品について、品目ごとに分割し、まとめて表示した方がわかりやすくなる場合には、品目ごとに分割し、メインとなる品目から順にタイトルを付した上で、それぞれの重量割合の多い順に原材料を表示してください。
例:
原材料名 【納豆】大豆、納豆菌
  【添付たれ】植物性たん白分解物(大豆を含む)、砂糖、しょうゆ(小麦を含む)、食塩、醸造酢、昆布エキス
  【添付からし】 からし、食塩、醸造酢

添  加  物 【添付たれ】調味料(アミノ酸等)、アルコール、ビタミンB1
  【添付からし】酸味料、着色料(うこん)、増粘多糖類、香料
Q14
アレルゲンの表示方法を教えてください。
A
アレルゲンは、原材料名欄に個々の原材料のすぐ後に個別に「(大豆を含む)」と表記し、複数の原材料にアレルゲンが含まれている場合には、一括して「(一部に大豆を含む)」と表記します。また、 添加物の場合は、個別に「乳化剤(大豆由来)」と表記するか、個別表記にそぐわない場合には、一括して「(一部に小麦を含む)」のように記載します。
アレルギーを起こしやすい原材料には次のものがあります。

分類・規定 品目 備考
〔特定原材料〕
表示が義務づけられたもの
卵、乳、小麦、えび、かに 症例数が多い。
そば、落花生 症状が重篤である。
〔特定原材料に準ずるもの〕
表示を推奨されている品目
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、
キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、
さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、
まつたけ、もも、やまいも、りんご
症例数が少ない。
ゼラチン  


続きはこちら
Q37
「ホンマグロ」という表示は、日本近海で獲れたクロマグロでないと表示できませんか。
A
クロマグロは日本近海以外でも漁獲され、また、「クロマグロ」(標準和名)に代わる一般的名称として「本マグロ」、「ほんまぐろ」が認められています。
原則は「クロマグロ」で表示しますが、「ホンマグロ」の表示でも問題ありません。(Q74参照)
参考サイト(水産庁:魚介類の名称ガイドライン
しかし、「メバチ」、「キハダ」、「ビンナガ」など、クロマグロとは異なる種を「本マグロ」等と表示することはできません。
Q49
茶の一括表示の名称は「緑茶」でよいですか。
A
緑茶の表示基準に従い、「煎茶」「かぶせ茶」「玉露」等と記載して下さい。
参考サイト(日本茶業中央会
Q60
海洋深層水を原材料に記載してよいですか。
A
「海洋深層水」は一般名称であるので、一括表示内に記載可能です。

Q64
魚介類の名称について、どのように表示すればよいですか。
A
水産物の名称については、「魚介類の名称のガイドライン」にならって表示することが基本となります。
参考サイト(水産庁:魚介類の名称ガイドライン

原則として、種毎の名称を記載することとします。
なお、馴染みのない標準和名等の表示によって消費者が混乱することがないよう配慮する必要があるため、種に応じて、標準和名を基本としつつも、より広く一般に使用されている和名があれば、この名称を記載することができることになっています。
続きはこちら
Q66
佃煮の原材料として「水あめ」と「還元水あめ」の両方を使用するが、別々に記載しなければなりませんか。
A
「水あめ」と「還元水あめ」は別であるため、分けて表示してください。
「還元水あめ」は糖アルコールに分類されます。
Q74
キハダマグロとメバチマグロをまとめて「マグロ」と記載してよいですか。
A
「キハダマグロ」「メバチマグロ」と種名を記載するほうが望ましいと言えます。
まとめて「マグロ」と記載することは誤りとまでは言えませんが、消費者の商品選択に資するために正確な情報を提供する必要があること、また、単に「マグロ」と表示した場合、消費者に実際のものよりも優良であると誤認を与えるおそれがあることから、「キハダマグロ」「メバチマグロ」と種名を記載するほうが望ましいと言えます。(Q37参照)
Q75
製造する納豆は有機JAS認定を受けていないが、原材料に使用する大豆が有機JAS認定を受けたものなら、「有機大豆使用」と表示できますか。
A
できます。

Q82
牛肉を15%使用したメンチカツを作ります。うち○○牛(ブランド牛)とその他国産牛を50%ずつ使用します。「○○牛メンチカツ」という商品名は、牛肉のうち○○牛を50%使用した旨を併記すれば、問題ありませんか。
A
特色のある原材料として使用割合を明記しても、消費者は誤認しやすい場合は、景品表示法上問題となる場合があります。
製品の名称が特色のある原材料を使用したことを示すものである場合、食品表示基準第7条により、その使用割合を表示に近接した場所又は原材料名の次にカッコを付けて表示します。だたし、「○○牛メンチカツ」という商品名は、消費者に○○牛の肉が100%使用されていると誤認を与えやすいと考えられますので、使用割合を商品名に近接した場所に明瞭に表示する、あるいは、「○○牛入り」や「○○牛使用」といった表現に替えるなど、消費者に誤認を与えない表示にしてください。
Q84
深蒸し茶をブレンドしたペットボトルの表示に、「深蒸し茶入り」と書くことや、原材料に深蒸し茶を強調することに制限はありますか。
A
深蒸し茶は特色のある原材料とはいえないため、使用割合の表示の義務はありません。
原材料は「茶」だけで足りますが、「茶(煎茶、深蒸し茶)」と表示することは、一般の茶と同様にできます。
Q86
オランダ産のアジを原材料に干物を製造しています。原材料名を「真あじ(オランダ産)」と表示してもよいですか。
A
「アジ」または「ニシマアジ」と表示してください。
真あじ(マアジ)は国産アジの一種です。
オランダ産のアジは「ニシマアジ」という別種であり、ニシマアジと表示しなければなりません。
※参考サイト(水産庁:魚介類の名称ガイドライン
ただし、ニシマアジに代わる一般的な名称として「アジ」も認められています。
Q87
アオサの加工品の名称を「青のり」としてよいですか。
A
できません。
アオサを原材料としたいわゆる青のりの一括表示名称は「あおさ加工品」等としてください。
前ページへ 1 2 次のページへ