HOME > ユニバーサルデザインに配慮したページ

ユニバーサルデザインに配慮したページ

ユニバーサルデザインに配慮したページづくりに取り組んでいます。

当サイトは、すべての人が利用しやすいサイトを目指し、ウェブアクセシビリティに関するJIS規格(日本工業規格)X8341-3(高齢 者・障害者等配慮指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)を尊重し、静岡県が定める「ウェブアクセシビリティ に関する指針」に沿って作成しています。

>「ウェブアクセシビリティに関する指針」

ウェブアクセシビリティへの配慮
ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者といった、ホームページ等の利用になんらかの制約があったり利用に不慣れな人々を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。
当サイトはページの作成に当たり、次のような配慮に努めています。
  • 各ページにタイトルをつける
  • 画像の代替テキストを設置する
  • 見出しタグを使用する
  • 色や形のみで情報を伝えないようにする
  • 単語の間にレイアウトのためにスペースは使用しない
  • フレームは原則的に使用しない
  • 表にはわかりやすい表題、概要をつける
ユニバーサルデザインへの配慮
誰もが使いやすいページを目指し、上記の情報アクセシビリティへの配慮に加えてページの作成に当たり、次のような配慮に努めています。
  • 統一したナビゲーションを採用する
  • 閲覧ページのサイトにおける現在地が分かるよう「パンくず」を設ける
  • 閲覧者が必要な情報を探しやすいようシンプルな画面とする
  • サイト内の階層を深くせず、情報を探しやすいよう配慮する
  • 背景と内容のコントラスト(対比)は、なるべく目に優しく、かつはっきりとした見やすいものとする
  • 全角英数字、半角のカタカナおよび機種依存文字は使用しない
  • 各ページの長さは適切な長さにする
  • 専門用語や省略語などは極力使用しない、また使用する場合は解説を加える
  • 不必要に大きなサイズのファイルは使用しない
  • 大きなファイルはサイズを記載する
  • 特定のブラウザでしか認識されない機能はできるだけ使用しない
  • 特定のアプリケーションに依存しているファイルを掲載する場合は、アプリケーション名などを記載する
単位表記の汎用化
単位表示記号は閲覧者によって表示が異なる可能性があるため、下記の汎用表記とします。
  • kg → kg
  • g → g
ご意見をお寄せください
今後も来訪いただいた全ての方が利用しやすいサイトを目指して工夫を重ね、
よりよいサイトづくりを進めてまいります。
みなさまからのご意見をお寄せください。
>お問い合わせはこちらからお願いいたします。