HOME > よくある間違い

よくある間違い

よくある間違いを紹介し、類似の事象を防止します

食品の表示は、消費者が商品を購入する際の重要な選択肢の一つです。虚偽表示が行われると消費者の食への安心は大きく損なわれ、信頼を失うことになってしまいます。そのような事が起こらないよう、実際に発生した間違いを紹介し類似の事象を防止します。
※こちらに記載された内容は、あくまでも例であり、例文中の商品名等は実際のものとは関係ありません。

原産地・原料原産地の間違いを表示

間違い1
海岸近くの水産加工品取扱いの商店にて、水産加工品の原料原産地を「前浜産」(前の浜でとれた)と表示していた。
詳細説明
「前浜産」という表示は原産地表示として適切ではありません。水産加工品の原料原産地には、「国産」や、具体的な水域名(「遠州灘」など)、港名、都道府県名などを表示してください。
間違い3
スーパーにて、生鮮食品のブロッコリーの原産地が都道府県名でなく「国産」と表示されていた。
詳細説明
農産物生鮮食品の原産地表示は、国産のものについては都道府県名や市町村名、その他一般的な地名で記載しなければなりません。
間違い6
スーパーにて、生鮮食品のごぼうのポップ表示が宮崎県産となっていたが、商品包装には青森県産となっていた。
詳細説明
ポップと包装の表示を正しい産地で統一して表示し、消費者の誤認を招かないよう表示してください。商品の配置を変更する時など、間違えが起こりやすくなりますので、確認が必要です。
間違い7
生鮮食品のにんじんにおいて、ポップに「○○産など」という表示であり、○○産以外の産地が不明であった。
詳細説明
複数の産地のものが混在している場合、多い順に全ての産地を記載する必要があります。「○○産など」、「○○産ほか」等の表示をしないようにしてください。
間違い10
オランダ産のあじを使った干物を製造している。原材料のアジは正確には「ニシマアジ」であったが、原材料表示には「真あじ」と表示していた。
詳細説明
大西洋等で漁獲される「ニシマアジ」を日本近海等で漁獲される「真アジ」として表示できません。(水産省【魚介類の名称ガイドラインについて】参照)(「アジ」と表示することは可)
間違い11
スーパーにて、おつとめ品の生鮮農産物に名称、産地の表示がなかった。
詳細説明
生鮮農産物には名称、産地の表示が必要です。値引きシール等を表示の上から貼ってしまい、見えなくなってしまわないよう注意が必要です。
間違い12
農産物検査で証明を受けていない袋詰めされた精米に品種を表示している。
詳細説明
検査証明を受けていない場合は品種の表示はできません。(参考ページ
間違い14
スーパーで販売されたている塩鮭の表示においてプライスラベルには「沼津産」、裏面には「原産国チリ」となっている。
詳細説明
産地名を示す表示であって、産地名の意味を誤認させるような表示は禁止されています。チリで加工した鮭を沼津で小分け包装した場合に「沼津産」と表示すると、消費者は、沼津で獲れた又は加工した鮭だと思ってしまうかもしれません。まぎらわしい「沼津産」という表示は適切ではありません。
間違い19
食品の容器に記載された文字が小さくて見にくい。
詳細説明
義務表示事項についての印字はJIS規格の8ポイント以上の大きさで記載しなければなりません。また、背景の色と対照的にするなど、消費者に対し、分かりやすい表示に努めましょう。
間違い25
「抹茶入り粉茶」の原料原産地表示が、「粉茶(国産)、抹茶」となっており、抹茶の原産地が欠落していた。
詳細説明
「緑茶及び緑茶飲料」は原料原産地表示が必要な食品です。粉茶、抹茶は共に茶ですので、それぞれ(異なる場合)の原料原産地の表示が必要です。
前ページへ 1 次のページへ