HOME > よくある間違い

よくある間違い

よくある間違いを紹介し、類似の事象を防止します

食品の表示は、消費者が商品を購入する際の重要な選択肢の一つです。虚偽表示が行われると消費者の食への安心は大きく損なわれ、信頼を失うことになってしまいます。そのような事が起こらないよう、実際に発生した間違いを紹介し類似の事象を防止します。
※こちらに記載された内容は、あくまでも例であり、例文中の商品名等は実際のものとは関係ありません。

すべて(小売・卸)の間違いを表示

間違い3
スーパーにて、生鮮食品のブロッコリーの原産地が都道府県名でなく「国産」と表示されていた。
詳細説明
農産物生鮮食品の原産地表示は、国産のものについては都道府県名や市町村名、その他一般的な地名で記載しなければなりません。
間違い4
加工食品の一括表示の賞味期限表示枠内に、「枠外に表示」と記載されており、記載場所が詳細でない。
詳細説明
一括表示の他の場所に記載する場合、その記載場所を詳細に示すように表示してください。
(例:「表面枠外上部に記載」等)
間違い6
スーパーにて、生鮮食品のごぼうのポップ表示が宮崎県産となっていたが、商品包装には青森県産となっていた。
詳細説明
ポップと包装の表示を正しい産地で統一して表示し、消費者の誤認を招かないよう表示してください。商品の配置を変更する時など、間違えが起こりやすくなりますので、確認が必要です。
間違い7
生鮮食品のにんじんにおいて、ポップに「○○産など」という表示であり、○○産以外の産地が不明であった。
詳細説明
複数の産地のものが混在している場合、多い順に全ての産地を記載する必要があります。「○○産など」、「○○産ほか」等の表示をしないようにしてください。
間違い8
袋詰めの精米を販売しているが、お客様に献上するという意味で「献上米」と表示していた。
詳細説明
消費者は皇室に献上した米であると誤認するおそれがあります。消費者に対し、著しく優良であると誤認させないように表示してください。
間違い11
スーパーにて、おつとめ品の生鮮農産物に名称、産地の表示がなかった。
詳細説明
生鮮農産物には名称、産地の表示が必要です。値引きシール等を表示の上から貼ってしまい、見えなくなってしまわないよう注意が必要です。
間違い12
農産物検査で証明を受けていない袋詰めされた精米に品種を表示している。
詳細説明
検査証明を受けていない場合は品種の表示はできません。(参考ページ
間違い13
明らかにあんこの多い和菓子の原材料名に、卵が最初に書かれている。
詳細説明
加工食品の原材料は使用した重量の多い順に表示することとなっています。
間違い15
店先ののぼり旗に「86円」と表示していたが、その旗の下部に小さく「税抜き価格」と表示されている。
詳細説明
「税込90円」の表示が著しく小さく、「86円」が税込み価格であると消費者を誤認させる表示である場合、不適正な表示となります。
間違い16
食品に「世界ナンバーワンの商品!」の表示がされていた。
詳細説明
何について「世界ナンバーワン」であるのか、不明です。根拠なく優良と思わせる表示は適切ではありません。根拠を示す表示をする等、消費者に誤認を与えない表示をしてください。
間違い19
食品の容器に記載された文字が小さくて見にくい。
詳細説明
義務表示事項についての印字はJIS規格の8ポイント以上の大きさで記載しなければなりません。また、背景の色と対照的にするなど、消費者に対し、分かりやすい表示に努めましょう。
間違い20
輸入品の賞味期限が「日・月・年」の順に表示されていた。
詳細説明
国内で販売する場合は、輸入者などの表示責任者が「年月日」の順に表示し直すことが必要です。
間違い22
安売りの新聞折り込み広告を見て買いに行ったが、行った先の店舗は同系列の店舗ではあるが、安売りの対象外店舗であった。
詳細説明
安売りを実施する対象店舗など、条件がある場合は、強調された表示と同一視野に分かりやすく表示してください。
間違い23
商品名は「いわしごぼう天」だが、原材料には「魚肉」と表示されており、「いわし」が表示されていない。
詳細説明
「魚肉」と一括で表示されている原材料の一部だけを、名称などで強調して表示することはできません。
間違い24
「みりんタイプ調味料」の値札に「みりん」と表示されている。
詳細説明
「みりん」と「みりんタイプ調味料」は別のものです。一般的に、「みりん」の方が高価であることも多く、消費者に優良であると誤認させるおそれがあります。正確に表示してください。
間違い25
「抹茶入り粉茶」の原料原産地表示が、「粉茶(国産)、抹茶」となっており、抹茶の原産地が欠落していた。
詳細説明
「緑茶及び緑茶飲料」は原料原産地表示が必要な食品です。粉茶、抹茶は共に茶ですので、それぞれ(異なる場合)の原料原産地の表示が必要です。
間違い26
加工食品において、2つの違う賞味期限が表示されていた。
詳細説明
冷凍していたものを解凍する場合等、保存温度帯を変えた場合は、変えた事業者が責任を持って新しい期限設定をしてください。その際、変更前の期限表示と重複して表示することがないよう注意し、確認するようにしてください。
間違い30
味付け肉のたれの原材料が変わったのに対応しおらず、古いままの表示をしていた。
詳細説明
仕入元からの伝達を正しく表示してください。原材料などが変わる時は、注意が必要です。
前ページへ 1 次のページへ