HOME > よくある間違い

よくある間違い

よくある間違いを紹介し、類似の事象を防止します

食品の表示は、消費者が商品を購入する際の重要な選択肢の一つです。虚偽表示が行われると消費者の食への安心は大きく損なわれ、信頼を失うことになってしまいます。そのような事が起こらないよう、実際に発生した間違いを紹介し類似の事象を防止します。
※こちらに記載された内容は、あくまでも例であり、例文中の商品名等は実際のものとは関係ありません。

すべて(食品全般)の間違いを表示

間違い1
海岸近くの水産加工品取扱いの商店にて、水産加工品の原料原産地を「前浜産」(前の浜でとれた)と表示していた。
詳細説明
「前浜産」という表示は原産地表示として適切ではありません。水産加工品の原料原産地には、「国産」や、具体的な水域名(「遠州灘」など)、港名、都道府県名などを表示してください。
間違い2
小売店にて、プライスラベルには「味付けサザエ」と表示し、販売していた商品について、包装された袋の原材料には「サザエ」ではなく、「アカニシ」と表示されていた。
詳細説明
標準和名「アカニシ」に対して「サザエ」と表示することはできません。(水産省【魚介類の名称ガイドラインについて】参照)仕入先からの伝達や、表示する際、包材とラベルが一致しているか、確認が必要です。
間違い9
食肉の加工食品において、原材料が1種類のものに、原材料の表示がない。
詳細説明
原材料が1種類の加工食品については、原材料の表示を省略できることになっていますが、缶詰と食肉製品等、食品表示基準第3条第3項に定める加工食品の場合は1種類でも原材料の表示が必要です。
間違い14
スーパーで販売されたている塩鮭の表示においてプライスラベルには「沼津産」、裏面には「原産国チリ」となっている。
詳細説明
産地名を示す表示であって、産地名の意味を誤認させるような表示は禁止されています。チリで加工した鮭を沼津で小分け包装した場合に「沼津産」と表示すると、消費者は、沼津で獲れた又は加工した鮭だと思ってしまうかもしれません。まぎらわしい「沼津産」という表示は適切ではありません。
間違い17
ホンビノス貝に「白ハマグリ」と表示した。
詳細説明
標準和名「ホンビノスガイ」に対して「シロハマグリ」と表示することはできません。(水産省【魚介類の名称ガイドラインについて】参照)
間違い18
インターネットに「○○コシヒカリ4年連続日本一」という表示があった。生産者に確認したら「知事賞」であり日本一ではないことと、生産者に対する賞であり、米に対するものではないことが分かった。
詳細説明
受賞歴などを表示する場合は、受賞年度や受賞した対象を明示するなど、消費者の誤認を与えない表示が必要です。根拠なく「日本一」と表示することは不適切な表示です。
間違い21
冷凍食品が年間通じて「3割引」と表示されている。
詳細説明
何を比較対照価格として「3割引」なのかが不明です。比較対照価格の根拠を明示してください。また、常に「3割引」での販売であるならば、それが「通常価格」となるため、不適正な表示となります。
間違い28
原材料名欄に原材料と添加物が混在して記載されている。(クエン酸、黒コショウ、調味料・・・)
詳細説明
食品表示法における添加物の表示は、別に欄を設けるか、原材料欄に記載する場合は原材料と添加物を明確に区別することとなっています。原材料欄に、食材と添加物の両方を記載する場合には、食材と添加物を分けて、それぞれ使用した重量の多い順に記載することになっています。食材と添加物を混在して表示しないように気をつけてください。
参考ページ(加工食品の表示
間違い31
地元で育てている鶏肉を『地鶏』として表示している。使用している鶏肉はブランドではあるが、ブロイラーであり、地鶏ではない。
詳細説明
地鶏と表示してよい鶏は、種や育て方など厳しい基準があります。地元で育てているという理由だけで「地鶏」と表示はできません。(農林水産省HP
前ページへ 1 次のページへ